SEMI E96 - CIMフレームワークテクニカルアーキテクチャに関するガイド

Volume(s): Equipment Automation Software
Language: Japanese
Type: Single Standards Download (.pdf)
Abstract

本ガイドは,global Information & Control Committeeで技術的に承認されている。現版は20061121日,global Audits and Reviews Subcommitteeにて発行が承認された。20072月にwww.semi.orgで,そして20073月にCD-ROMで入手可能となる。初版は20002月発行,前版は200111月に発行された。

 

注意: 本文書はSEMI PR5-0699を全面的に置き換えたものである。

 

このガイドにはコンピュータ統合生産(CIM)環境においてアプリケーションコンポーネントが協調し,そのコンポーネントを実用的に統合する為に必要な作業を削減できるテクニカルアーキテクチャが記述されている。CIMフレームワークテクニカルアーキテクチャガイドは公開されている分散オブジェクトコンピューティング仕様が元になっている。ここではコンポーネントの相互運用性,代替性,および拡張性を向上させるのに必要なテクニカルインフラストラクチャに関する製造システムの要求事項を定義してある。本文書はコンポーネントを規定するためのガイドであり,ここには基礎となる分散オブジェクト通信インフラストラクチャの使用に関するオプションが書かれている。

 

本文書はSEMIコンピュータ統合生産(CIM)フレームワークスタンダードの技術的な基礎を築くためのガイドである。ここではオブジェクト指向とフレームワークテクノロジーを利用するコンポーネントベースのアーキテクチャについて記述してある。このテクノロジーを使うことによってコンポーネントの相互運用性および代替性,アプリケーションの拡張性および再利用の実現が容易になる。本文書ではフレームワークテクノロジーに必要なサポートを行う際の分散オブジェクト通信インフラストラクチャの役割を規定している。CIMフレームワーク仕様を別のインフラストラクチャテクノロジーへマッピングするための方法もこのテクニカルアーキテクチャで扱っている。しかし,そのマッピングは規定されるものではない。新たに出現してきているテクノロジーへのマッピングを定義するには今後も作業が必要だろう。特定のソフトウェアに関して解決する必要がある実装上の問題は本ガイドの範囲外である。

 

テクニカルアーキテクチャだけに関してこのガイドに忠実であってもアプリケーションの相互運用性は得られない。テクニカルアーキテクチャは相互運用性の土台となるものだが,それには以下の制限がある:

  • 複数のインフラストラクチャ・実装から選ぶことが可能で,そういった複数の環境の間での相互運用性は保証されていない。
  • テクニカルアーキテクチャの範囲は故意に最も基本的なインフラストラクチャ要求事項だけに制限しており,それ以上の技術上の問題は将来のガイドの改訂版あるいは実装者の裁量に任せている。
  • CIMフレームワークドメインアーキテクチャ仕様への準拠はドメインコンポーネントの相互運用性に関しても要求される。
  • 別々のサプライヤが開発したコンポーネントの相互作用に一貫性を持たせるには,(挙動に関する制約および協力パターンを含む)より完全なコンポーネントの意味が必要である。

 

テクニカルアーキテクチャに関するガイドはCIMフレームワーク仕様の目標に到達するために必要な基礎だが十分なものではない。ガイドは発見された技術上の要求事項に特定の解決策で対応させようとはしていない。なぜならその要求事項を満足させる実装は一つだけではないからである。テクニカルアーキテクチャが行うのはむしろ,CIMソフトウェアサプライヤと顧客の双方が考えなければならないきわめて重要な技術上の要求事項を特定することである。スタンダード案は実装が提供しなければならない技術的性能を特定しているが,実装のオプションはオープンにしている。各性能の実装を提供し説明するのはサプライヤの仕事であり,特定の実装を自分の工場で使うかどうかを査定するのは顧客の仕事である

 

このガイドはCIMフレームワークコンポーネントのドメイン仕様をサポートし実現させるために分散コンピューティングインフラストラクチャが提供するサービスを得る為に必要な技術について指導している。その技術とは以下の通りである:

  • 分散オブジェクト通信 CIMフレームワークインタフェースをサポートしている実装が,分散されていると思われる他の実装の場所をトランスペアレントに特定し,スタンダードなCIMフレームワークオペレーションを要求するメッセージを交換するための基本的なサービスを提供する。インタフェース定義言語(IDL)は統合および相互運用の準備が整った準拠実装に自動的に変換できるCIMフレームワークインタフェースの形式を規定する。
  • 例外の宣言 要求されたオペレーションは予期されてはいたが異常な結果に終わったことを要求者に通知するリターンメッセージの形式および構造を識別する。
  • イベント仕様 予期されていた状態の変更が発生したことをCIMフレームワークオブジェクトに報告するための伝達メカニズム,識別規則,およびデータ構造を規定する。
  • 分散トランザクション CIMフレームワークコンポーネントの境界を越えて移動する単位作業のスタート,完了,あるいはロールバックを調整するのに必要なメカニズムを定義する。
  • コンポーネントマネージャサポート CIMフレームワークが規定するインタフェースをサポートするオブジェクトのインスタンスを生成,配置,あるいは削除(およびそういったオブジェクトの集まりを管理)するのに必要なコンポーネントレベルのオペレーションを識別する。

 

Referenced SEMI Standards

SEMI E81 — Provisional Specification for CIM Framework Domain Architecture

Member Price: $135.00
Regular price Non-Member Price: $180.00