SEMI E128 - XML メッセージ構造に関する仕様

Volume(s): Equipment Automation Software
Language: Japanese
Type: Single Standards Download (.pdf)
Abstract

本スタンダードは,global Information & Control Committeeで技術的に承認されている。現版は2009年12月16日,global Audits and Reviews Subcommitteeにて発行が承認された。2010年2月にwww.semi.orgで入手可能となる。初版は2003年7月発行,前版は2006年7月に発行された。

 

本スタンダードは同期および非同期メッセージのメッセージヘッダ,あるいは「エンベロープ」情報の作成に必要なXMLによる構造を規定する。本件はSEMIスタンダードに準拠するアプリケーションで,非同期メッセージ通信を使うものにのみ適用する。XMLはタグを使って情報を伝文化する様なソフトウエアアプリケーションに使われるが,そのタグはXMLスキーマで指定される構造とデータ型を与えてくれるものである。XMLはアプリケーション間で配送したり,経路の指定に必要な情報を構造化する用途としても使われる。個々に開発して多数の互換性のないXML用のプロトコルになってしまうのを避けるためにメッセージヘッダの標準化が必要である。本仕様を「XMLメッセージ通信に関する仕様」と呼ぶこととする。

 

XMLメッセージ通信に関する仕様は同期または非同期の形態で交わされるメッセージに必要なメッセージヘッダの定義を示す。新たなメッセージが許可される前にメッセージの消費と実行をアプリケーションが要求する場合,同期メッセージ配信が選択される。非同期メッセージは対応するメッセージの相関を維持する伝達技術に依存することなく独立に届けられるものである。非同期のメッセージ通信機構を選択する根拠は2個のソフトウエアシステム間のやり取りの特徴に起因する。次のとおり理由を挙げてみる。

  • セッション上での同期通信で,長時間におよぶ要求/応答のやり取りが発生するのは現実的でない。
  • メッセージのやり取りによっては,応答メッセージを補い,サーバ側の動作完了を知らせる返信メッセージが追送される必要がある。
  • 多数の同時並行メッセージ通信を許す環境では,クライアントは並走したり重なり合う動作を処理するために,通信応答の途中に指し挟まる要求や応答を試みる場合がある。

 

非同期メッセージ通信を定義するヘッダは,対応メッセージの判別と相関に関して通信セッションを温存する同期通信にも役立つものである。しかしながら,非同期通信においてもここで規定するメッセージヘッダ要素を使用する方が有利なことがある。メッセージヘッダの要素はそれ自体がメッセージに関するデバグやメッセージ通信量の捕捉に役立つ情報を提供する。それを使っていれば将来,他のメッセージ通信系への移行が可能にもなる。

 

XMLメッセージ通信に関する仕様は確立された,公開され照会し得る,XMLメッセージ通信に関する現実的な関係業界スタンダードを複数利用する。SEMIスタンダードへ応用する際,個々の状況でメッセージ通信に直接要求される必要性がある場合にのみ,既存の関係業界スタンダードを拡張するに止めている。本スタンダードは既存のスタンダードの焼き直しや競合する仕様を作り出そうとするものではないが,既存のスタンダードと整合し使用例を引用することは意図している。

 

想定範囲内

— XMLメッセージ通信に関する仕様は下記を対象範囲に含む。

W3C のSimple Object Access Protocol(SOAP)の使用 — SEMIのメッセージ通信アプリケーションに使う基本メッセージ通信の根拠としてSOAPを使用する。

 

SOAPの拡張定義 — 本仕様は同期および非同期メッセージ通信に必要なヘッダの要素とボディの要素に関してSOAPを拡張して定義する。

 

ポイント・トゥ・ポイントのメッセージ通信の要求/応答の構造

本仕様は,要求メッセージと対応する応答メッセージでの要求/応答の実行に必要なメッセージヘッダを示す。

 

非同期のポイント・トゥ・ポイントの返信メッセージ構造

本仕様は,2点間での要求/応答通信を補完する単体の返信メッセージを可能にするのに必要なメッセージヘッダのデータを示す。

 

多数を相手とするイベントメッセージの構造

本仕様は,多数の聴取者へのマルチキャストで配布される単体メッセージを可能にするのに必要なメッセージヘッダのデータを示す。

 

範囲外

以下の話題は本仕様の範囲を超えるものである。その件については別の仕様で示されるかもしれないが,将来的に本仕様の追加事項とする事は想定しない。

 

メッセージのセキュリティ

本仕様はメッセージの送信者や受信者の認証,あるいは許可されていないアクセスによるメッセージの内容の安全性に関する機構を示すものではない。

 

伝送のパフォーマンスとサービスの品質

— XMLメッセージ通信に関する仕様は,メッセージ伝送の実行性能の特性に関する性能要件や適合試験を示すものではない。高速通信においては,XMLメッセージ構造が適切でない,有効でないという環境があるかもしれない。XMLメッセージが適切な環境であるか否かの定義は,本文書の範囲外である。

 

Referenced SEMI Standards

SEMI E125 — Specification for Equipment Self Description (EqSD)
SEMI E134 — Specification for Data Collection Management

Member Price: $135.00
Regular price Non-Member Price: $180.00