SEMI E148 - 時刻同期とTS-CLOCKオブジェクト定義の仕様

Volume(s): Equipment Automation Software
Language: Japanese
Type: Single Standards Download (.pdf)
Abstract

本スタンダードは,global Information & Control Committeeで技術的に承認されている。現版は2009年9月4日,global Audits and Reviews Subcommitteeにて発行が承認された。2009年10月にwww.semi.orgで,そして2009年11月にCD-ROMで入手可能となる。初版は2007年7月発行,前版は2009年3月に発行された。

 

本仕様の目的は,一般的な時刻同期プロトコルを用いて,正確かつ一貫した日時の維持と管理を行うための時刻同期が必要なファクトリコンポーネントのコンピュータクロックに対する要求を定義することである。

 

本仕様は,ファクトリアプリケーションと装置の時刻値および時刻同期状態にアクセスするためのClockオブジェクトを定義し,ネットワーク時刻同期アーキテクチャの例を記述し,ネットワーク通信を利用するファクトリ環境において正確な時刻同期のクロックのために使用するプロトコルを規定する。

 

時刻同期のためのネットワーク時刻プロトコル(NTPv3)が本仕様で指定されている。なぜなら,イーサネットに限定されないマルチキャストメッセージングをサポートするローカルエリアネットワークによるシステム通信に適用できるからである。このプロトコルは,同期に様々な固有の正確さと安定性のクロックを含む異機種環境を可能にする。

 

時刻同期スタンダードは,時刻依存データを収集,ストア,配信,処理するファクトリコンポーネントに適用する。ファクトリコンポーネントには,デバイスの製造,装置の維持,プロセスリソースの提供,ファクトリの状態管理,プロセスのコントロールなどに利用するアプリケーションが挙げられる。特に,製造に利用する装置がある。

 

Referenced SEMI Standards

SEMI E5 — SEMI Equipment Communication Standard 2 Message Content (SECS-II)
SEMI E39 — Object Services Standard (OSS)
SEMI E120 — Specification for the Common Equipment Model (CEM)
SEMI E134 — Specification for Data Collection Management

Member Price: $135.00
Regular price Non-Member Price: $180.00