SEMI F7 - フロロカーボン製チューブフィッティング接合部の引張り強さを測定するテスト方法

Volume(s): Facilities
Language: Japanese
Type: Single Standards Download (.pdf)
Abstract

本試験方法は,Facilities Committeeで技術的に承認されたもので,North American Facilities Committeeが直接責任を負うものである。現版は1998年10月North American Regional Standards Committeeにて承認された。1999年2月にまずSEMI On Lineで入手可能になり,1999年2月発行に至る。初版は1992発行。

 

NOTICE: This Standard or Safety Guideline has an Inactive Status because the conditions to maintain Current Status have not been met. Inactive Standards or Safety Guidelines are available from SEMI and continue to be valid for use.

 

この方法は,フロロカボン材質でできたチュブフィッティング接合部引張さを測定する一定手順規定するものである。

 

この方法は,ここにべられている条件のもとに作成されたテストデタにづき,チュブフィッティング接合部特性記述するのに使用することができる。

 

この方法において定義されるチュブは管状をしており,フロロカボン材質でできている。

 

この方法において定義されるチュブフィッティングのう内部液体接触するての部分は,フロロカボン材質でできている。

 

ナット,グリッパー等のような部品は,フロロカーボン材質で作成されなくてもよい。

 

チュブと評価されているチュブフィッティングののシルのみドキュメントの適用範囲内である。ての装着ルはドキュメントの適用範囲外である。

 

種々のチュブフィッティング間又製造者間における比較のためにこの方法使用する場合には,ユザは評価されるべきチュびチュブフィッティングを明確選択しなければならない。

 

ドキュメントにおける計量標準単位としては,国際単位系(SI)が使用される。U.S.慣例単位参考目的のみのために括弧内併記され,数値められてきた。

 

Referenced SEMI Standards

None.

Member Price: $135.00
Regular price Non-Member Price: $360.00